スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の日、雨の日・・・


(千曲川の川霧)



先週から雨の日があったり、急激に寒くなって雪の日に
なったり、身体もついていけませんよぉ〜!
今も外では嵐のようなヒューヒュー音です。
明日の朝は、雪片付けから始まるかな?




・・・皆さん、穏やかに過ごされていますか?


小さくても幸せですか?・・・


『小さくても幸せ』って、変ですね。(苦笑)



・・・2分に1組が離婚するって、日本の事でしたっけ?
それとも世界中で?
どちらにしても簡単にいけちゃうんですね。
あっ!簡単って事は無いか・・・



子供達をそれぞれに育て上げ、長男の嫁として義父母を看取り
オバンも歳をとりました。
この先10年・・・20年・・・会話の無いトトとふたりきり!?

ひとりでフラッと出掛けることは、楽だし好きだけれど
街で見かけるご夫婦は、幸せそうで羨ましい・・・
オバンだって、それを夢みて過ごしたことも遠い昔に
あったのに・・・


おばあちゃんや伯父さんや母が言ったとおり
生きてきた環境が余りに違い過ぎると、しんどくなって
やっていけない・・・
『それ見たことか!』って何度言われたことか・・・


それでも頑張ってここまできたけど・・・
やっぱりしんどいな・・・


まだまだ続くんだよね・・・









スポンサーサイト

ジジ様はお星さまに・・・

9月10月は、ジジ様worldでした。






ジジ様はこの秋空を・・・
また見ることができるのかなぁ・・・と見上げて
2日後、あちらに逝ってしまいました。



『オバンちゃん、俺はお盆までもたない気がする。』と
嘆いていたジジ様は、意識のあるうちに弟・子供達・孫・
ひ孫と会話をして亡くなりました。


9月中旬に息子家族と見舞った時、オバンの最後の気持ちを
伝えました。


『我がままな嫁ですみませんでしたねぇ。』


ジジ様は首を横に振り、涙されました。




・・・静かなM家です。
ジジ様の部屋はまだそのままです。
物置に行くと、ジジ様の農作業の服が丁寧に
たたんであります。
春・夏・秋・冬・・・それぞれの景色で
ジジ様を思い出すのでしょう。

感謝してます。


ありがとう!


グッときて、がっかりです・・・

日曜日、ガーデニングSTARTしてウキウキ構想を練って
いたのに・・・


その夕方、裏庭を見に行ったトトが別に何も言わない事に
安堵し、このままオバンの思いどおりに変わるんだと思って
いたら・・・


今朝、不足の花壇ブロックを買ってきてもらおうと
チラシに〇を付け購入数を書き、小路になる部分に
玉砂利を敷き詰める構想だったため、それにも〇を
付けお願いしたところ・・・


烈火の如く『砂利なんて駄目だ!』


あ〜ぁ、やっぱり畑はいつまでも畑なんだ・・・


短期ガーデンにしかなれないんだ・・・がっかりです。
オバン家はオバンの家に有らず、トトん家でした。

(トトに言い返す事はできません。)


グッときてます。



齢(よわい)90・・・

てら2


どこで起こるか分からない地震はホント怖いですね。
熊本のみなさん、お気の毒です。


てら1


今日は隣市の谷厳寺へお花見引率でした。
毎年恒例ってところです。・・・huuu・・・

本当は金曜出勤ぎりぎりまで家に居たかったんです。
オバン、時間外勤務はもういらないんです。
あくせく働く年でもないし・・・って、そうじゃなくて
ジジ様が帰ってきたので少しは一緒に居てあげようかと
思ったりしてね。

実は10日に入院してまして、11日に膀胱がんの
内視鏡手術をしたんです。
それで15日に退院ですから、内視鏡ってすごいですね。
CT検査でジジ様の身体をくまなくチェックして頂いたら
膀胱がん以外は、とっても91とは思えない元気な身体だ
そうです。
確かに・・・どんぶりご飯ですものねぇ~!

短い入院なので、実家の父には黙っておこうかと思って
いましたが、ひょっこり弟から3人でランチをしようと
電話があり、その時話しました。
父の90の誕生日にお見舞いとランチとなりました。

長野市民病院の駐車場から病室まで、父の腕を
取りながらゆっくり歩きましたが、父はしんどそうでした。
病室で久しぶりに会ったふたりですが、どう見ても
父の方がお迎えが早いように見えました。
ジジ様は大きな声で、『帰ったら一杯やりましょう!』と
指をお猪口に例えて口に持っていきました。


ふたりは笑顔でした。


父ともジジ様とも、後どれくらい一緒に過ごせるのでしょう。

ジジ様の病理検査の結果は26日に分かります。
どんなに元気な身体でも、90過ぎの老人には抗がん剤
治療は無理ということです。
もしかしたら放射線治療を続けるのかもしれません。


お昼前、ジジ様は本当に元気に笑顔で帰って見えました。
オバンも笑顔で迎えました。
合歓も切れんばかりに尻尾を振りました。



日曜大工と夜な夜なに!

日差しの強い本日です!
桜はどこもかしこも満開です。(やっと?)

連休中にまず、息子家族が金曜日の夜中に
新幹線でやってきます。
2泊3日で戻ってすぐに沖縄に里帰りだそうで
子供がふたりとなったので、息子も一緒に行くようです。

その後、娘家族が来れるかどうか・・・
パパさんの仕事の関係とRちゃんのサッカー教室が
あるようで、まだ思案中とのこと。
来てくれると嬉しいのですが、オバンは忙しくなります。(笑)


さてっ!


  支柱1

これ、分かります?

物置小屋の前に支柱!
トトが日曜大工で大きな穴を掘り
次の週はセメントを練り練り
あ・・・ぁ・・・ジジ様のいくつ目かの花壇が
半分にされちゃって!
そしてこの日曜日には、しっかり支柱が立ってましたよ。
夜な夜なには、矢車を組み立てていたし・・・

そうです、鯉のぼりの支柱です。

 支柱2


田舎の山奥で生まれたトトは昔気質で・・・っていうか
ジジ様に強烈に教育されたようで、M家の長男が生まれたら
M家にその子がいなくても、馬鹿デカイ(あらっ汚い言葉
鯉のぼりを飾ります。
オバンの息子の時もそうでしたが、オバン達は
別の市に住んでいました。
母に小さな鯉のぼりを買ってもらって、それで十分でした。

ジジ様とトトとオバンと・・・老人3人で
鯉のぼりですかぁ~!
2泊3日で来る孫のためなら、宇都宮で飾れる小さな鯉で
良いと思うのですが・・・オバンの考え方って飛び過ぎ?


息子に話したら、『お父さんらしいね。まずM家だから。
宇都宮で飾れる小さいのが欲しいよ。』・・・だそうで
いやはや・・・

鯉は土曜日に揚げるんでしょうねぇ・・・



 春吟2

オバンの口はいつも閉ざしています。
言ったところで、頭ごなしにガツンと言われお終いです。
オバンの意見が通った試しがありません。

今宵も一杯頂いて・・・忘れましょ!


カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。